同人サークルKnockのブログです。東方SSを中心に活動中。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
初めてのレビューはミステリーの金字塔と言われるこの作品から。

作品:そして誰もいなくなった
作者:アガサ・クリスティー氏

<粗筋>
ある日。職業、年齢、経歴と、全員が共通点の無い十人の男女の下にU・N・オーエンと名乗る富豪からインディアン島への招待状が届く。
しかし島に着いても肝心の招待主の姿はどこにもいない……。招待された彼らが食卓に着いた時、どこからともなく彼らが過去に犯した罪を告発する声が響いた。
動揺する彼ら。そして直後に一人が殺され、翌日にはまた一人……。その死に方はまるで『10人のインディアン』という童謡とまるで同じだった。
果たして残された者たちの運命は? そして謎の招待主『U・N・オーエン』とは一体何者なのか?

<感想>
果たして残された者達の運命は?(キリッ

いやもうタイトルで盛大にネタバレしてんじゃん、とどや顔で言うには恥ずい台詞w
この作品で楽しんでもらいたいのは、島に誰もいなくなるまでの過程の雰囲気とラストのとある者が語る全滅に至るまでのネタバレです。
どういうことなの……?と悶々しながら読み進めて、最後のネタバレまで読んだあとは「あーこういうことだったのね」とすっきりとした爽やかな溜息が出ることでしょう。

そしてこの作品の注目すべき魅力は、人の心理描写と不気味さ。
犯人が一向に分からないまま、淡々と殺されていく。 最初こそ皆で協力して犯人を捕らえようと奮闘するものの、人数が減るにつれて少しずつ生き残った者たち同士で疑心暗鬼になっていってしまう。
こういった人間の心理描写がとてもリアルで面白い。
また、全体の流れを描いた文章がとても淡々としていて、非常に不気味な気持ちにさせられる。
物語全体に染み出てくるような恐怖心が、この作品の魅力と言って間違いないでしょう。

一瞬ハマってしまえばまるで津波にのまれ隠岐に流されるかのようにページをめくる手が止まらなくなり、最後まで一気に読み切ってしまうでしょう。
それだけ読ませる力のある作品なのです。

くれぐれもこの作品を読みはじめる際には時間に気を付けたほうが良い。
読書中の世界では時間という概念が存在しなくなるから、キングクリムゾンのスタンド攻撃を受けた気持ちになりますよw

私も思わず時間の経過を忘れさせてしまうような、そんなSSが書いてみたいものですね。
それではノシ
スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dndnknock.blog134.fc2.com/tb.php/4-58f80897
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。